ひと山通信3月号

JUGEMテーマ:自然体験

 

3月 活



 

こんにちわ! ひと山担当職員のほりっちです♪

3月の今期、最後の活動となりました!山で丸太わたり楽しかったね!

のこぎりを持って、山の整備をしました。

2018年   3月 4 日 (日)天候:晴れ

出席者数:総数 37人(子ども 15人・大人 13人・PL 2人・スタッフ 4人 ・マイスター1人)

早稲田大学 文化構想学部 『思惟の森の会』代表2人

 

17期の最後の活動が終了しましたね。

3月はみんなでのこぎりを持って、山探検に行きました♪

足場の悪い場所で、木をきるのは、大変な作業です。しかしこうした努力が山を管理するということに繋がってきます。

火打ち石で、火を熾しているのは、しゅうとはるき。種火がついたときの顔は、どうだ!!と言わんばかり。上手になったな〜と感心いたします。

 

 

倒れかかった木。『何人ぶらさがったら、抜けるかな〜』と

最初に手を挙げてくれたのは、れいな! 1人じゃ抜けないね。

『わたしも〜♪』と参戦してくれたのはセンエ!

『木が倒れるぞ〜〜♪』とても活発な女の子たちです。

台風で倒れてしまった、大木もこどもたちの遊び場となりました♪

最初は、恐る恐る、プレイリーダーの手を取り渡っていたこどもたちですが、いつしか補助の手を必要としなくなり、すたすたと歩いている様子は、たくましいなと感じます。

怖かったけれど、頑張って渡りきったフミズ。

自然と拍手がわきました♪

怖いけれど、やってみる。チャレンジしてみる!

やればできる体験をたくさん積みかさね、自分の経験として力をつけて下さいね。

 

 

即席で、ターザンロープを作ってくださいました。小さな子でも安心ですね。

楽しんでいる様子が微笑ましかったです。

 

ひと山に生息している『スギ苔』

りっぱな『苔玉』がちょこんと

机に置いてありました。

どなたか、『苔玉』作れる方

いらっしゃいませんか〜〜〜???

活動の一部にできれば、嬉しいです♪

 

3月はとても暖かい陽気でした。

野外での活動もしやすくなり、秘密基地作りが、進みそうです。

はるきと中川パパが中心に、やってみたいこどもたち集まれ♪

年齢があがるにつれできる事、経験が増え完成度もあがってくるのではないかと思っています。

階段も取り付け、さらに秘密基地の場所が広がります。

みづきが描いてくれた地図も愛らしいかぎりです。

こどもたちの好奇心、わくわくが伝わってきて、私も嬉しくなります♪

 

 

3月は早稲田大学思惟の森の会の『ほっし〜』と『がーすー』がプレイパークを作るべく

研修として参加くださいました。

これから作る、こどもたちの居場所の指針となるものを持って帰って頂けたようです。

このご縁を紡ぎ、大切にしていきたいと感じています。

6年のしゅうが水路を完成させてくれました。小屋の屋根にたまった木々も、綺麗に掃除をしてくれて、この誇らしい笑顔がいつまでも続きますように。

 

 

3月は、『お雛様』でしたので、三色団子を作りました♪

でもひと山では、もう一色『コーヒー団子』が誕生しましたよ!

こぞって、ほおばる子どもたちが、かわいくてたまりません。

えいちゃんが、『大学いも』も作ってくれました!

写真を撮るまもなく、一気になくなってしまいましたが、山菜も揚げてくれて

一足はやい、春を満喫しました♪

 

午後は、このひと山での思い出を、絵日記にしてもらいましたよ♪

それぞれが、こころを動かし、共に時間を過ごす中で、たくさんの経験と思い出が、自分自身の力になることを信じております。

 

来期は、19期また4月に会いましょう♪

 

コメント